配信プロが実践! おすすめライブ配信PC選定の極意

目次

ライブ配信PC選定の基本要素

ライブ配信PC選定の基本要素

必要なスペックとその理由

ライブ配信を行う際には、滑らかで高品質な映像を実現するためのPC選びが非常に重要です。

特にCPUは、エンコーディングという配信映像をリアルタイムで処理する作業を担当し、多くのコア数と高いクロック数が要求されます。

実際には、Intelのi7シリーズやAMDのRyzen 7シリーズ以上を目安にすると良いでしょう。

これらはマルチタスク処理能力が高く、ライブ配信に必要な処理をスムーズにこなします。

次にグラフィックカードですが、こちらは視聴者に高解像度の映像を提供するために欠かせません。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、現在ではストリーミングに最適化された機能を持つ製品も増えており、選択肢は豊富です。

また、安定したライブ配信のためには大量のデータを高速にやり取りするメモリも不可欠です。

16GB以上を搭載したPCが推奨され、より多くのアプリケーションを同時に動かしたい場合は32GBを目安に選ぶと良いでしょう。

ストレージでは、OSと配信ソフトがインストールされるSSDは高速なものを選ぶことが大切です。

この点を押さえておくことで、ライブ配信中のPCの応答速度や起動速度が大幅に改善されることでしょう。

バックアップとして容量の大きなHDDを併用するのも一つの方法です。

これらのスペックを備えたPCを用意することで、ライブ配信のクオリティは飛躍的に向上し、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供できるだけでなく、配信者としてのプロフェッショナリズムを示すことにもつながります。

高いパフォーマンスを持続するためには、これらの要素をしっかりと理解したうえでPCを選定することが極意といえるでしょう。

配信ソフトウェアとの互換性

選ぶライブ配信PCとそれを動かす配信ソフトウェアは息がぴったり合ってこそ、高品質のストリームを実現できます。

ソフトウェアが求めるスペックを満たし、かつ快適な操作環境を提供することが、ストリーミングの成功に直結するのです。

例えば、有名なOBS StudioやXSplitを考慮に入れるなら、マルチコアプロセッサや十分なメモリ、強力なグラフィックカードの搭載は必須です。

これらのソフトウェアは多くのシステムリソースを消費するため、特にCPUの選定には慎重を期す必要があります。

また、ソフトウェアによっては特定のハードウェアアクセラレーションに対応している場合もありますので、その点を見逃すわけにはいきません。

例えばNVIDIAのNVENCやAMDのVCEなど、グラフィックカードに組み込まれた専用エンコードチップを活用することで、CPUにかかる負荷を軽減し、よりスムーズなストリーミングが可能となるのです。

様々なソフトウェアとその特性を正確に理解し、PCの構成を計画することで、ライブ配信時に遭遇するであろう様々なシナリオへの対応力を高めることができます。

快適な配信を継続的に行うためには、互換性の確保が重要なのです。

視聴者に快適な視聴体験を届けるためにも、配信ソフトウェアの要求する性能をクリアするPC選びは、配信を行う上での大前提と言えるでしょう。

アップグレード容易性の重要性

配信プロが推薦するライブ配信PCの選定において、アップグレード容易性は非常に重要です。

この要素がライブ配信の品質と将来性の両方に直結しているからです。

ライブ配信では複数のソフトウェアを同時に用いるため、常にCPUやGPUの能力が求められます。

また、ストリーミングの技術は日進月歩で進化しており、今日満足の行くスペックでも、数か月後には物足りなくなることが少なくありません。

そのため、初期投資だけでなく、長期にわたって最適なパフォーマンスを保つ視点が必要です。

アップグレード容易性とは、主に内蔵可能な部品の交換や追加が容易であることを意味しています。

パーツの交換が必要な時に、専門店に持ち込むかもしれませんが、PCケースの開閉が容易であればユーザー自身でのカスタマイズが可能となり、時間とコストの節約に繋がります。

さらに、予算に応じて必要な部品を段階的にアップグレードしていくことも、ライブ配信を行う上で重要となるでしょう。

例えば、初期には最低限のスペックで始め、配信が軌道に乗ったらメモリや高速ストレージのようなパーツを追加し、快適な配信環境を構築するためです。

アップグレードの過程で最も注意すべきは、互換性の確認と将来の技術動向の把握です。

新しいCPUやGPUは、時としてマザーボードの交換を要することもありますので、購入の際には将来のアップグレードプランを念頭に置き、長きにわたる運用を見据えた選択が肝要です。

このように、アップグレード容易性を重視することで、ライブ配信において最新のトレンドを取り入れ、常に視聴者に高品質なコンテンツを届けることが可能です。

ライブ配信に最適なCPUの選び方

ライブ配信に最適なCPUの選び方

コア数とクロック速度のバランス

ライブ配信において最適なCPUを選ぶ際は、コア数とクロック速度という二つの要素が極めて重要です。

これらは、PCのマルチタスク能力と予期した処理速度を左右し、配信のクオリティに直接影響を与えます。

コア数とは、CPU内の処理ユニットの数であり、多いほど同時に多くの作業を処理できるようになります。

一方、クロック速度は1秒あたりの処理サイクル数を示し、数値が高いほど単位時間あたりの作業処理能力が増します。

ライブ配信でPCのパフォーマンスが重要視されるシーンは多岐に渡り、例えば複数のカメラアングルからの映像を切り替えつつ、高画質なストリーミングを維持することや、エンコードと同時に他のタスクをスムーズにこなせるか等が挙げられます。

そこで、典型的な配信シナリオにおいては、中核となるCPU選びではマルチコアプロセッサを選定し、その上でクロック速度も十分な数値を見極めることが望ましいでしょう。

ただし、クロック速度を最優先に考えると高価なハイエンドCPUへと目が向かいますが、配信専用マシンの場合はコア数の多いミドルレンジのモデルで充分な場合もあります。

そのためにも、ライブ配信における個々の使用環境を考慮し、それぞれのニーズにマッチしたCPU選びをすることが重要です。

企画の構想段階で求められる処理能力を見積もり、適切なバランスでコア数とクロック速度を考慮したCPU選定を行うことで、快適なライブ配信体験を実現できるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41611 2425 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41559 2366 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41559 2366 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 39001 2085 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38924 2056 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35888 2242 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35888 2242 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34120 2216 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34120 2216 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32882 2109 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32882 2109 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29566 2047 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29162 1976 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27325 2052 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24902 2110 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24902 2110 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22311 1956 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20580 2022 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19713 1944 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17920 1822 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16217 1784 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16217 1784 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15451 1988 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9171 1753 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9171 1753 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ストリーム最適化されたプロセッサー

ライブ配信で重要なのは映像や音声データをリアルタイムで処理し、スムーズに配信することです。

その核となるのがCPU、すなわちプロセッサーです。

市場には多種多様なCPUが存在しますが、ライブ配信専用の機能を搭載したプロセッサーを選定することは、配信の質を格段に向上させます。

ストリーム最適化されたプロセッサーとは、ライブ配信の負荷に特化して設計されたもので、複数のコアを有効活用して配信ソフトウェアのエンコード作業を迅速に行います。

例えば、Intel Core i7やi9、AMD Ryzen 7や9シリーズの中でも特にストリーミング性能に注力しているモデルは、配信時のCPU使用率を低く抑えつつ、高画質の映像を維持するのに適しています。

さらに、エンコードプロセスに最適化されたインストラクションセットを備えたプロセッサーは、配信ソフトウェアとの互換性が高く、不測のエラーやラグを減少させて配信中のトラブルを未然に防ぎます。

高画質な配信を実現しつつ、ゲームやその他のアプリケーションのパフォーマンスを確保するためには、これらのプロセッサーが極めて重要です。

適切なプロセッサーの選定は、ライブ配信を行う上での快適さと視聴者に提供するクオリティの両方に直結するため、慎重な検討をお勧めします。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH
【ZEFT Z45DBH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCCA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCCA

極めて均整の取れたエッセンシャル級の実力派マシン、高いパフォーマンスのゲーム体験を提供
新時代のゲーミングスタンダードがここに。RTX 4060Tiとi5-14600KFのハーモニーに注目
白い流線型NZXT H6 Flow、机上をスタイリッシュに彩るケースデザイン
ゲームも仕事もこれ一台、Core i5 14600KFのパワーで快適パフォーマンスをコミット

【ZEFT Z45DCCA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DCCA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48E

ゲームも作業も快適なアドバンスドグレードのゲーミングPC
RTX 4070 Super & Core i7 14700KF、パワーとスピードの極上の調和
NZXT H6 Flow White ケース、清潔感あふれるデザインと優れた冷却性
高速処理の新時代、Core i7 14700KFで限界を突破

【ZEFT Z48E スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

高性能と快適なプレイにフォーカスした、ソフィスティケートなゲーミングPC
パワーとバランスが鍵、i7とRTX 4060が強力なタッグを結成
シーンを選ばず映える、スリムでスタイリッシュな省スペースマシン
マルチタスクも難なくこなす、Core i7 14700Fの核心

【ZEFT Z45DBP スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

ハイパフォーマンスとゲーミングの境界を打ち破る、マルチタスクに強いマシン
最新世代CPUと高速32GB DDR5メモリ、迅速な1TB NVMe SSDで極上のバランス
洗練されたFractalケースに包まれた、スタイリッシュで現代的なデザイン美
頂点を極めるCore i7ムーブメント、応答性と処理能力の巨匠

【ZEFT Z45BSD スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSD

グラフィック性能が重要な理由

グラフィック性能が重要な理由

ゲーム配信のグラフィックカード要件

ライブ配信で高品質なゲームプレイを届けるためには、グラフィックカードがキーポイントです。

ゲーム配信において、視聴者にスムーズで鮮明な映像を提供するには、グラフィックカードの能力が直接影響します。

特に、グラフィックが重要なゲームを高解像度で配信する場合、カードの処理能力が不可欠になります。

グラフィックカードはレンダリングされたゲームの映像をエンコードし、配信用のビデオストリームを作成します。

この過程で、カードの性能が低いと、エンコード時の遅延や画質の低下が生じる可能性があります。

さらに、配信ソフトウェアと組み合わせて使用する場合も、カードの性能は多くのエフェクトやトランジションをスムーズに実現するために重要です。

ハイエンドのグラフィックカードを搭載することで、配信者は高フレームレートでのストリーミングが可能になります。

これは、アクションが激しいゲームやリアルタイムストラテジーゲームなどで、細部までクリアに表示することが求められる場合に特に重要で、視聴者の満足度を大いに向上させます。

また、グラフィックカードはデュアルPCセットアップなど、配信環境を拡張する際にも中心となる役割を担います。

高性能なカードを用いることで、複数のモニターやカメラ、さらにはVR機器など、幅広いデバイスを駆使した交流型や没入型の配信を可能にするのです。

最終的に、グラフィックカードはライブ配信における品質とパフォーマンスを決定付ける要素であり、配信者がプロフェッショナルな配信を追求する上で避けては通れない道具と言えるでしょう。

高品質な配信を維持することで、視聴者へのエンゲージメントを高め、配信者としての地位を築き上げることが可能になるのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36535 74337 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30382 73630 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29419 68526 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26426 67703 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23963 55804 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20122 50623 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19426 51274 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18146 46013 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17157 42568 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13592 34708 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13591 35159 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13474 34525 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12587 30467 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10932 31831 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10759 28665 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10750 27580 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7408 19677 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6333 16088 130W 公式 価格

非ゲーム配信向けのグラフィックスオプション

グラフィック性能がライブ配信において重要視されがちですが、実は非ゲーム配信、例えばトークショー、料理番組、音楽パフォーマンスなどのコンテンツでは、それほど高性能なグラフィックスカードを必要としません。

こうした配信では、生の映像クオリティはもちろん重要ですが、必ずしも3D処理能力や高度なシェーダー、リアルタイムレンダリングを必要とするわけではありません。

むしろ、安定した映像出力と、長時間の使用における信頼性が求められるため、選ぶグラフィックオプションは異なります。

例えば、一般的なHDまたは4Kのビデオストリームに対応できる比較的手頃な専用グラフィックスカードでも、クリアな映像品質を提供し、視聴者に快適な視聴体験を届けることができます。

重要なのは、選択したグラフィックカードがエンコーディングの負荷を適切に処理できることで、これには強力なGPUよりも適切なビデオエンコードサポートが役立ちます。

また、生の映像データの色味を忠実に再現する色管理能力や、複数のカメラや映像源をサポートする接続オプションも重要になってきます。

ライブ配信用PCを選定する際は、必ずしも最新かつ高価なグラフィックスカードを選ぶことに固執するのではなく、配信内容と目的に合ったスペック選びが肝心です。

適切なグラフィックスカード選びは、コストパフォーマンスを高め、信頼性のある配信環境の構築につながります。

クリエイターとしての個性を活かした配信を追求するためにも、グラフィック性能に関する知識を正しく理解し、自らのニーズに最適な選択をすることが重要です。

ライブ配信に最適なメモリ量

ライブ配信に最適なメモリ量

推奨されるメモリ容量とスピード

ライブ配信に必要なメモリ容量は、快適な配信環境を構築する上で極めて重要です。

動画や音声の同時処理、高解像度の配信、そして複数のアプリケーションを同時に稼働させることを考えると、推奨されるメモリ容量は最低でも16GBからとされています。

しかし、より安定した配信を望むのであれば、32GB以上を目安にするのが賢明です。

特に、高画質でのゲーム配信や、複雑なグラフィック描写を要するプログラムを扱う際には、この余裕が配信の品質を大きく左右します。

次にメモリのスピードについてですが、これはデータ転送速度のことを指しており、単位には通常メガヘルツ(MHz)が用いられます。

映像や音声データはリアルタイムで大量にやりとりが行われ、メモリのスピードはこのデータ処理能力に直結します。

そのため、ライブ配信でのスムーズなパフォーマンスを目指すならば、DDR4 3200MHz以上のメモリを選択することが推奨されています。

これは遅延の少ない配信を実現し、視聴者に快適な配信体験を提供するために、欠かせない要素の一つと言えるでしょう。

ストリーミングの品質を決める上で、メモリの量とスピードは絶対に妥協したくない部分です。

正確な判断が求められるため、最適なメモリ選びには、これらの要件を心に留めておきましょう。

高性能なメモリを搭載したPCは、ライブ配信のパフォーマンスを向上させるだけでなく、配信者としての信頼も築き上げます。

快適なストリーミング環境を兼ね備えたPC選びには、これらの点を重視することが、まさに配信プロが実践している極意なのです。


クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

バランス型スペック、極速SSDと強力な16GBメモリの極上の融合
ファッショナブルで透明感溢れるデザインのFractalケース、目を引くRGB照明
Ryzen 7 7700搭載、スムーズな処理能力でマルチタスクを快適に
RTX 4070、圧倒的なグラフィックパワーで臨場感あふれるゲーム体験

【ZEFT R50GA スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52J
【ZEFT Z52J スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

ハイバリュー・スタンダードで遊びと仕事をこなす、多用途ゲーミングPC!
大容量メモリと新世代CPU、バランスに優れたスペックでパフォーマンス抜群
透明なサイドパネルが光り輝く、洗練されたミドルタワーデザイン
リファインド・パワーを秘めた最新i5、コア性能で高速処理を実現

【ZEFT Z45ASA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BI

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BI
【ZEFT Z52BI スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BI

メモリの選び方と将来のアップグレードについて

ライブ配信に求められるメモリ量は、配信の内容とクオリティに大きく影響します。

快適なストリーミング体験を提供するためには、最低でも8GBのRAMが推奨されますが、高解像度での配信や同時に複数のアプリケーションを使用する場合は16GB、あるいは32GBといったより大容量のメモリが望ましいです。

特にゲーム配信を行う際は、ゲームの要求スペックと配信ソフトウェアが同時にメモリを消費するため、余裕を持った選択が必要になります。

メモリの選び方には、速度やタイミングパラメーターも考慮すべきですが、配信PCの場合、容量が最も重要な要素です。

DDR4やDDR5といった最新のメモリ規格を採用しているPCを選ぶことで、将来的な互換性も確保できます。

また、PCを購入する際には、メモリスロットの空き状況も重要です。

最初は16GBから始めても、後に32GBにアップグレードを計画していれば、将来的にメモリを追加する余地を確保しておくことが重要です。

さらに、メモリはユーザーが比較的簡単に交換・アップグレード可能なパーツです。

そのため、現時点での予算が限られている場合であっても、後から高容量のメモリにアップグレードすることで、ライブ配信のクオリティを向上させることができます。

重要なのは、始めからメモリが満足できる性能を持っているか、またはアップグレード可能な環境が整っているかどうかです。

これらの点を踏まえてメモリを選ぶことが、配信プロとして成功への大切な一歩となるでしょう。

配信PCにおけるストレージの選択肢

配信PCにおけるストレージの選択肢

SSDとHDDの違い

ライブ配信用のPCに適したストレージを選ぶ際には、SSDとHDDの差異を理解することが重要です。

SSDはSolid State Driveの略で、半導体を利用した記漉メディアです。

特徴としては、従来のHDD(Hard Disk Drive)に比べ高速で動作し、衝撃に強い点が挙げられます。

一方でHDDは、物理的なディスクを回転させデータを読み書きするため、SSDに比べ読み書き速度が遅く、また動作中の衝撃によってはデータが損傷する可能性があります。

ライブ配信では、画質の高いデータをリアルタイムで処理するためには、素早い読み書き能力が必須です。

そのため、OSや配信ソフト、ゲームやその他のアプリケーションの起動時間を短縮し、配信中のデータトラフィックに迅速に対応することができるSSDの採用が望ましいと言えます。

ただし、高解像度の動画を長時間録画し保存する場合などは、HDDの方がコストパフォーマンスに優れた選択肢となることもあります。

つまり、高速性を求めるライブ配信のメインストレージにはSSDを、長期保管を前提とした大量データの保存には、容量あたりのコストが低いHDDを選ぶという使い分けが理想的です。

ストレージの組み合わせによってはライブ配信のクオリティをさらに引き上げることが可能となり、視聴者にとっても快適なストリーミング体験を提供できます。

重要なのは、用途に応じたストレージの特徴を理解し選定することで、配信者の要望に最適な配信環境を整えることができるのです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ストレージの容量と速度に関する考慮事項

ライブ配信を行うPCでは、ストレージの選択が放送品質に直結する重要な要素です。

ストレージ容量は、配信する映像の長さや質に応じて、適切に見積もる必要があります。

高解像度で長時間にわたって配信する場合は、特に大容量のストレージが求められるでしょう。

一方で、容量だけでなくストレージの速度も、安定したライブ配信には欠かせません。

データの読み書き速度が配信中の映像のスムーズさを左右するからです。

特にSSD(ソリッドステートドライブ)はその速度の速さから、ライブ配信用PCにおけるストレージとして高い人気を誇ります。

操作の反応が速く、動画のロードや転送時間がぐっと短縮されるため、ビュワーに快適な視聴体験を提供するうえで大きなアドバンテージとなります。

また、SSDはHDD(ハードディスクドライブ)に比べて耐久性にも優れており、長時間の運用が予想されるライブ配信においては、信頼性の観点からもおすすめできます。

現状の技術を考えると、ストレージの種類で最もバランスが良いのは、システム用にSSDを、そして大量の映像データの保存にはコストパフォーマンスに優れたHDDを用いるという構成です。

これにより、PCの高速な応答性と、広い保存領域を両立させることが可能になります。

結局のところ、どのストレージを選ぶにしても、ライブ配信の品質を維持し、視聴者に対する責任を果たすためには、容量と速度のバランスを慎重に考慮することが肝要です。

ネットワーク接続性とライブ配信

ネットワーク接続性とライブ配信

イーサネット対Wi-Fi 最適な接続方法

ライブ配信におけるPCのネットワーク接続性は、配信の快適性と安定性に直結します。

配信を行う際、イーサネットとWi-Fiのどちらを使用するかは重要な選択肢となり、それぞれにはメリットとデメリットが存在します。

イーサネットの場合、物理的なケーブルを介してインターネットに接続するため、通信速度が安定しており、ライブ配信で重視される遅延の少なさを実現できる点が大きな利点です。

特に、高画質や大規模な配信を実施する場合に、この安定性は配信の品質を左右する要因になります。

一方、Wi-Fiは配線が不要であり、PCをどこに置くかに柔軟性があります。

移動しながらの配信や狭いスペースの活用に役立ちますが、障害物による信号の弱まりや他の無線機器との干渉などが起こり得るため、場所によっては接続のブレが生じる可能性があります。

最適な接続方法を選ぶ際には、安定した配信を求めるならばイーサネットを、自由度や設置の便利さを優先する場合はWi-Fiを選ぶと良いでしょう。

また環境によっては、Wi-Fiだけでは不安定な場合がありますので、配信時には有線接続を優先し、配信外での作業時にイーサネットからWi-Fiへ切り替えるという使い分けも一つの有效な手法です。

ライブ配信においては、ストリーマーが経験するトラブルを最小限に抑えるためにも、ネットワーク接続性の理解と適切な配信環境の構築が不可欠です。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

エキスパートゲーマー必見のマシン。驚きの処理速度とフレームレートで勝利を掴む
心地よいバランスが支える高パフォーマンス。32GBメモリと超速SSDが魅力的
遊び心あるRGB照明と透明パネルが、デスクトップに新たな息吹を吹き込むケース
Core i7 14700が提供するスムーズな計算力で、あらゆる作業を快適に

【ZEFT Z47BOF スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal Design Pop XL Air RGB TG
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BOF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

コアなユーザーが求めるパフォーマンス、ユニバーサルミドルセグメントの代名詞ゲーミングPC
平衡を極めた、DDR4-3200メモリ搭載&1TB SSDのスピード感ある動作体験
ホワイトミドルタワーケースで、透明感あるデザインがどんな空間にも鮮やかなアクセント
i7-14700F搭載、プロフェッショナルセグメントの力強い心臓部

【ZEFT Z47AMW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA
【ZEFT Z48AHA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AHA

パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB

パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB
【ZEFT R58AB スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CJ
【ZEFT Z52CJ スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CJ

ライブ配信のための最適なネットワーク構成

ライブ配信では、高画質でスムーズな映像を視聴者に提供するために、安定したネットワーク接続が不可欠です。

最適なネットワーク環境を整える上で考慮すべきポイントはいくつかあります。

まず、配信PCが十分な帯域幅を確保できるよう、有線のイーサネット接続を優先することが重要です。

無線Wi-Fi接続では、他の無線機器の干渉や物理的な障害物による信号の不安定さが生じるリスクを避けられます。

さらに、インターネットプロバイダーとの契約内容を見直し、アップロード速度が十分に高速であることを確認しましょう。

視聴者が多い場合や、高解像度での配信を行う場合には、特に高いアップロード速度が要求されます。

次に、ライブ配信ではリアルタイム性が欠かせませんので、低遅延を実現するための対策も考える必要があります。

ストリーミングサービス側が提供する推奨設定を適用するだけでなく、ルーターやモデムのファームウェアを最新の状態に保つことで、潜在的な遅延の要因を取り除く努力をしましょう。

また、ネットワーク上でライブ配信に優先順位を設けるQuality of Service(QoS)の設定を活用することで、他のデバイスやアプリケーションよりも配信のデータパケットが優先されるようにでき、これにより安定した配信環境の確保に役立ちます。

適切なネットワーク構成を構築すれば、ライブ配信中に発生し得るさまざまな技術的問題を未然に防ぐことが可能です。

画質や音質、配信の安定性など、視聴者に最高の体験を提供するためには、配信PCの性能に合わせてネットワークも最適化することが、ライブ配信を成功させるカギとなります。

冷却システムと長時間のライブ配信

冷却システムと長時間のライブ配信

PC冷却のメカニズムと選定のヒント

冷却システムはライブ配信におけるPCのパフォーマンスを維持する上で欠かせない要素です。

長時間のストリーミングはCPUやGPUに大きな負荷をかけるため、効率的な熱の管理が必須です。

適切な冷却システムを選定する際には、まずPCの熱発散能力を把握することが重要です。

エアフローを最適化するケース選び、堅牢なヒートシンク、高性能なファン、そして静音性能も忘れてはなりません。

また、オーバークロックを考えているならば、より高度な冷却方法、例えば液体冷却システムが候補に上がります。

これは放熱を効果的に行いながらも、騒音を低減することで配信のクオリティを保持するのに役立ちます。

次に、それぞれの環境に応じた室温管理も配信のクオリティに影響を与えます。

配信スタジオの温度は常に一定に保たれるべきであり、季節による温度変化や日射による熱影響を避けるための対策も考慮する必要があります。

室内の通風を良くすることや、エアコンディショナーを適正に使用することで、PCが最高のコンディションを維持できるように手助けします。

ライブ配信では、途中で機器が過熱し配信が中断するリスクを避けるためにも、適切な冷却システムの選択と環境管理に気を配ることが求められます。

ストリーマーとしての信頼性を保つだけでなく、お使いのPCの寿命を延ばし、最適な配信体験を提供するためにも、冷却に関する知識と対策は配信の成功に不可分な要素です。

配信中のPCオーバーヒートを避ける方法

ライブ配信を行う上でPCオーバーヒートは致命的なトラブルとなり得ます。

ストリーミングはPCにとって相当な負荷を課すもので、冷却システムの重要性は言うまでもありません。

それゆえ、冷却能力の高いPCケースや静音性に優れたファンの選択が重要になります。

また、ハイエンドのCPUクーラーや水冷システムの利用は、高温状態からPCを守り、ライブ配信の品質を保つために有効です。

熱がこもりやすい部屋の換気をすることも忘れてはなりません。

定期的にエアフローを確保するためにケース内を掃除し、熱を逃がすのを助けるのも良い手段です。

さらに、オーバークロックを避ける、ストレステストを行ってシステムの安定性を確認するなど、細かな対策が積み重なることで、長時間の配信においてもPCのオーバーヒートを防ぎます。

信頼性の高い冷却機能に投資することが、壊滅的な失敗から極上の配信体験を守り出すと断言できます。


PCケースと配信環境のデザイン

PCケースと配信環境のデザイン

機能性とデザインを兼ね備えたケース選び

ライブ配信用のPCを選ぶ際、ケースの選択はただ見た目を豪華にするだけではなく、機能面において重要な役割を果たします。

まず、空間の最適化を考えるべきで、ケースは内部の構成パーツに余裕を持たせ、適切なエアフローを確保する必要があります。

これにより、長時間のストリーミング中にもPCが過熱するリスクを軽減し、安定したパフォーマンスを維持します。

次に、拡張性です。

将来的にアップグレードやパーツの追加を行いたい場合、容易にアクセスできる設計のケースが理想的です。

特に、高品質なストリームを実現するためにはグラフィックカードやメモリ、ストレージのアップグレードが不可欠であるため、これらの点は非常に大切です。

デザインの面で見ると、ライブ配信では視聴者に与える印象も重要です。

ケース選びは自らのスタイルを表現するチャンスであり、LEDライトや透明なサイドパネルを利用したカスタムケースは視聴者に好奇心を掻き立て、配信への興味を増幅させます。

ただし、あまりにも派手なケースは視聴者を過剰に刺激することもあるため、配信の内容やターゲットオーディエンスに合わせたバランスのとれたデザイン選びが肝心です。

最終的に大切なのは、機能性とデザインの両立。

効率的なクーリングとメンテナンスのしやすさ、そして個性を引き立てる外観を兼ね備えたPCケースを選び、配信者自身のブランドを確立していくことが、成功への一歩となるでしょう。

ライブ配信PCの展示価値とセットアップ

ライブ配信PCの展示価値というと、一見すると外観に関することのように思われがちですが、それは大きな誤解です。

実際、配信環境においてPCケースの選択は、視覚的な楽しみだけでなく、機能的な側面を強化するための戦略的な行動といえます。

カスタマイズされたケーシングは視聴者に対してプロフェッショナルかつ個性的な印象を与えます。

例えば、透明なサイドパネルを持つケースは、内部のLED照明や水冷システムなどの高性能部品を露わにし、視聴者に配信者のこだわりと高い技術力をアピールすることができます。

一方で、配信のプロともなれば、PC周辺の環境整備も重要です。

騒音抑制に優れたケース選びは、マイクへの余計な音の侵入を防ぎ、クリアな音声配信を実現するために不可欠です。

また、よく整理されたケーブルマネジメントは、無駄なトラブルを避け、配信中に発生する様々な問題に迅速に対応するための基盤を提供します。

PCケースを選ぶ際は、エアフローや冷却システムの効率性を見逃してはなりません。

長時間のライブ配信ではPC内部温度が上昇しがちですが、優れた冷却機能を持つケースを利用することで、安定したパフォーマンスを持続させることができます。

結局のところ、機能とフォームのバランスが取れたPCケースは、ライブ配信の価値を高めるための鍵となる要素なのです。

ライブ配信用PCの予算計画と購入ガイド

ライブ配信用PCの予算計画と購入ガイド

コストパフォーマンスに優れたパーツ選択

高いコストパフォーマンスを保ちつつ、優れたライブ配信を実現するPC環境を構築する上で、適切なパーツ選択が重要です。

プロセッサは、配信には複数のプログラムを同時にスムーズに動かす必要があるため、複数のコアを持つマルチスレッドに対応したものを選ぶべきです。

例えば、中価格帯のIntel Core i5やAMD Ryzen 5シリーズが適しています。

また、ライブ配信では画質が重要であるため、NVIDIAやAMDのミドルレンジGPUを選択することが望ましいです。

メモリに関しては、最低でも16GBを確保することで快適な運用が見込めますが、複数のアプリケーションやタブを同時に開くことがよくあるため、予算が許すなら32GBへの投資を検討すると良いでしょう。

ストレージには、OSや配信ソフトが迅速に起動するためSSDを選ぶことが肝要ですが、大量のデータを扱うことを考えると、データ用に追加でHDDを導入することも有効です。

ケース、冷却システム、マザーボードなどの他のコンポーネントも、将来のアップグレードやメンテナンスを容易にするために選び方に気を付けることが重要です。

ライブ配信PCは長時間の使用が前提であり、熱管理が適切に行えるよう、冷却性能の高いケースや効率的な冷却システムを選んでください。

以上のアプローチで選び抜かれたPCパーツは、予算を最大限活用し賢く投資することで、高品質なライブ配信に不可欠なパフォーマンスを提供します。

もちろん、ご自身のニーズに合わせて細かな調整を行いつつ、最適なライブ配信用PCを組み上げることができるでしょう。

完全カスタムとプレビルトPCの比較

ライブ配信を行うにあたり、PC選びは成功のカギを握っています。

特に、配信のクオリティを最大限に引き出すためには、完全カスタムPCとプレビルトPCの違いを理解し選択することが重要です。

完全カスタムPCは自分の要望に応じて個々のパーツを選び、組み立てることができるため、配信内容や使用するソフトウェアに最適化されたマシンを作成できます。

一方で、プレビルトPCはあらかじめ組み立てられた状態で購入するため、設定や構成に悩まずに済みますが、時には予算内で希望するスペックに叶うものを見つけるのが難しいこともあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分に合った選択をすることが求められます。

たとえばカスタムPCは自由度が高く、将来的なアップグレードも比較的容易ですが、知識がないとパーツ選びに戸惑うことがあり、また不具合が発生した際のトラブルシューティングが必要になる場合があります。

対してプレビルトPCは利便性に優れ、アフターサービスも充実しているケースが多いですが、機能のアップグレードが限られている場合やコストパフォーマンスがカスタムより劣ることもあります。

ライブ配信用PCを選ぶ際には、予算だけでなく将来の展望も考え、ストリーミングの品質、ソフトウェアの要求スペック、自分の技術的な能力などを総合的に見極めることが大切です。

エンターテインメントとしての価値を高めるためにも、この選択には十分な時間をかけ、適切な判断を下しましょう。

あわせて読みたい

選び抜かれたおすすめのCore i7オールインワンPC

ゲーミングPCフリーク

PCゲーム進化論 必要スペックと最適マシンの一致

ゲーミングPC評価ブログ

おすすめのWindowsデスクトップPC 用途別最適スペック入門

ゲーミングPC Tier1

ゲーム用パソコンのおすすめ決定版 2024年はこれで決まり!

ゲーミングPC.jp

徹底比較! ユーザー満足度の高いおすすめ静音PCベストチョイス

BTOパソコンチョイス

美しさを創る力! AI画像生成のためのおすすめPC選びキーポイント

ゲーミングPCフリーク

ゲームのためのパワフルスペックPC入門

ゲーミングPC Tier1

ゲーム実況力アップ! 最新おすすめPCで勝ち抜くコツ

BTOパソコンチョイス

ゲーマー専用! 高性能パソコンカスタマイズ注文ガイド

ゲーミングPC.jp

BTOゲーミングPCの魅力 おすすめカスタム仕様の探求

ゲーミングPC評価ブログ

2024年注目! おすすめゲーミングPC BTO完全リスト

BTOパソコンチョイス

画像編集向けPCの極意 エキスパートが選ぶおすすめスペック

ゲーミングPCフリーク

快適作業を実現する おすすめハイエンドPCの選び方

ゲーミングPC評価ブログ

ゲームを支配するデスクトップPCの選び方 スペックからデザインまで

ゲーミングPC.jp

動画編集の成否を分ける!パソコンスペックの正しい選び方

ゲーミングPC Tier1

AIイラスト向けPC選び おすすめ機種とその魅力

ゲーミングPC評価ブログ

ストリーミングも快適! ライブ配信おすすめデスクトップPC

ゲーミングPCフリーク

おすすめPCでゲーム実況のクオリティをアップさせる方法

BTOパソコンチョイス

ゲーミングPC仕様大公開! ニーズに最適なおすすめモデルは?

ゲーミングPC評価ブログ

自動生成エキスパート級! AIイラスト用PCの選び方とおすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーミングPCで圧倒的な勝利を! eスポーツアスリートの選択

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCスターターパック デスクトップPCのおすすめスペック

BTOパソコンチョイス

クリエイターの夢を実現! AI用高性能おすすめPCナビ

ゲーミングPC.jp

最高のデスクトップゲーミングPC選択ガイド おすすめモデル2024

ゲーミングPC評価ブログ

マルチタスク実現! 強力なCPUでカスタマイズするBTO PCテクニック

ゲーミングPC Tier1

高性能&高コスパ! ライブ配信におすすめなPC選定法

ゲーミングPCフリーク

パフォーマンス絶対主義! ゲーミングデスクトップPCのハードコア選択ガイド

BTOパソコンチョイス

エンジニア必携! おすすめのCore i7開発向けPCレビュー

ゲーミングPC.jp

エンコードもサクサク! 動画制作者向けパソコンの最適解

ゲーミングPC Tier1

効率化の秘訣! 業界別におすすめするカスタマイズパソコン注文術

ゲーミングPC評価ブログ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次